楽団紹介

東洋大学管弦楽団OBオーケストラとは

私たちは、東洋大学の音楽系サークル、「管弦楽団」の卒団生のみで集まったオーケストラです。2005年1月、とある飲み会からお酒の勢いでオケを立ち上げようということになり、人数集めのやりやすさを考えて、1回限りの演奏会を開くことになりました。苦難もありましたが、同年10月に演奏会を無事迎えることができ、私たちは解散することになりましたが…、
演奏会に来ていただいた地域住民の皆さん、東洋大学管弦楽団の現役生、演奏会に参加していただいたプロの先生方、その他多くの方々の、「1回限りではなく続けていって欲しい」という声をいただき、何よりほとんどの団員の「続けたい」という強い願いから、今日に至ります。

名前の由来

東洋大学管弦楽団のOBで集まったオーケストラなので、そのまま「東洋大学管弦楽団OBオーケストラ」です。“OB”というと「じゃあOGはいないのか?」という誤解を生むかもしれませんが、OBには“男性の卒業生”という意味だけでなく、ただ単に“卒業生”という意味を含んでいますので、「OBオーケストラ」と名づけました。

団のシンボルマーク

分音符をモチーフとし、地球(ホーム)に月(メンバー)が周遊している様をイメージし、東洋大学管弦楽団の名の下にOBOGが集まってきたオーケストラを表しています。
ロゴの最後の部分「TO YOU」は、本来なら前置詞は「FOR」になりますが、東洋の「TOYO」とかけているため、「TO YOU」としました。